布花リース「藤と牡丹」

 白生地を染めて、藤と牡丹。
 藤には、つまみかんざしの方法を使ってみた。
 布花の方法でスイトピーを小型にしたのを房にしたら、もっと本物らしい藤になるのだけれど
あえて「つまみ」にしてみたのは、洋風のリース飾りに和風の花を作り方も和風を取り入れて飾ってみたかったから。
 牡丹は布花の方法で作っているが、絹羽二重や縮緬を素材として使用している。
 一つの花に濃い色と淡い色に染めた羽二重を二枚、花びらの裏表に貼って陰影を表現したかったのだけれど
上手く行っているだろうか。
 週末の作品展に向けて、今週は縮緬細工を何点か製作の予定。
広告

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。