桜さくら

 和ゴコロくらぶのお教室で行うために、制作方法を簡略化してデザインした
桜の壁飾り。
 以前にオーダーで製作させていただいたものは、花びらを一枚ずつ切り離して組上げたが
この桜は、五角形を基本形にした型紙を作成している。
 工業製品なら抜き型で同じ形をいくつも作るのだろうけれど、
型紙を使用しても、手作りには、それぞれ人の手が入るので
色々な表情の桜が出来上がってくるのが楽しい。
 
 お教室では、山椒のミニすりこ木に製作した花枝を麻紐でくくりつけただけだが
白壁にも映えるよう背景に篭を入れてみた。
 花枝以外の小物は、いずれも100円均一の雑貨で手に入るもの。
 もちろんミニすりこ木へのアレンジ以外にも、花瓶に挿しても良し、リース台に飾っても良し
または、花だけをコームやUピンに付けて髪飾りにしても良し、
自由に楽しんでいただきたいと思う。
広告

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。