真綿入り絹ストール

 古い羽織を解いておいたのを、ストールに仕立ててみた。
 今日は寒かったので、気が向いて、真綿を引いてみる。
 内側に入ってしまうから、外からは見えないけれど、裏も表も内側も絹の贅沢なストールになった。
 紫のぼかしは女物羽織から、糸巻きと徳利の生地は男物の裏。
 裏地には、ところどころ染みもあるけれど、それも古布の味わい。
 絹のものは、人肌に添ってじんわりと暖かい。
広告

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。